本を作る

2学期がはじまる、というタイミングで

家族全員がコロナに倒れてしまいました。

2022年、わが家は、本当に様々なできごとが起こる1年です。

とはいえ、それをひとつひとつ乗り越えてきたんだから、という自負もあるのです。

だから、12月の最後。

一年を締めくくるとき、特別な気持ちになるのだろうなと、今から想像しています。


コロナに倒れて、自宅療養の10日間。

途中で7日に短縮されたものの、外出する体力も気力も元には戻らず、

自宅で過ごしていました。

こどもたちは、テレビをみたり、タブレットをしたり、絵本を読んだり、

寝室に閉じこもって散らかし放題で遊んだり。

とくに、部屋のカギを閉めて、こどもたちだけの世界を作って遊ぶことが増えました。


ある日、気が付くと

絵本を作っていました。はじめての絵本。

ひと息ついて、少し見てやっていただけますか。


では、きょうもご機嫌に。


cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000