ある日の、娘とのお話

きょうは、おりがみが大好きな6歳の娘とのお話を。


娘が、「はい、これどうぞ」と手渡してくれたこの折り紙。

「よつばのクローバーだよ」って言うんです。

でも、これ、やっこさんの完成の一歩手前でしょ、って思いました。

一番上の口をひらくと、やっこさんの頭ができて、上半身になりますよね。

「やっこさんじゃないの?」と聞くと、

「よつばのクローバーだよ!」と、ふくれ面。

やっこさん(の一歩手前)をわたしの手から奪い取って、

表と裏をくるりとひと回しすると…

「あ、ほんどだね。クローバー、よつばだ」

娘は、ママってばなんにもわかってないんだから…と言いたげな表情をして、

「あげる」と言ってくれました。


子どもたちは、こんな風に、突然やさしさをくれたりするものですよね。

怒ってばかりで、鬼みたいな(笑)ママにも、

とっておきのプレゼントを持ってきてくれます。


折り紙でつくった四つ葉のクローバー。

きょうもいいことがありますように。


みなさんも、どうぞご機嫌に。

cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000