『ロビンソン漂流記』

松浦弥太郎さんの『松浦弥太郎の新しいお金術』。

そのなかに、「ロビンソン・クルーソーの貸借対照表」という一節があります。

その内容は、ここでは割愛させていただきますが、

とても興味深いことが記されていました。


何よりつらいのは、世界のすべてと隔絶されたという途方もない孤独。そこで彼は、自分を励ますために日記をつけはじめます。(以下、省略)


ロビンソン・クルーソーが、無人島でたった一人生き残り、

孤独の中を生き抜くために糧としたのは「日記」でした。


カキノタネでは、心を整えるための日記の書き方・続け方をお伝えしているのですが、

ロビンソン・クルーソーがその先人だったとは。

一緒にするのは恐れ多いことですが、とても感動しました。


もし、よくないことがあったとしても、

その日にあったよいことを思い返すことができたら、

穏やかな気持ちで、その一日を終えることができることができるはず。

日記を書くことは、そういうことだと思っています。

大丈夫、明日はきっといいことがあるさ、と思える時間。


さ、きょうもどうぞご機嫌に。



cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000