暮らしの中にリズムをつくる

おはようございます。カキノタネのじんざわです。

きょうは「ヨガのちかくこと」。はじめてのコラボレッスンです!

さて、今週から生活リズムを大きく変えて、21時就寝4時起きをしています。きょうで3日目。調子は上々です。

カキノタネの活動をはじめてから、これまで以上に暮らし方を考えるようになりました。例えば、生活リズム、片付け、食べるもの。でも、決して、特別なことをしているわけではありません。そこは、大事なところ。食べるものに関して言えば、白いごはんをしっかり食べる、もともと大好きな大豆製品をたくさん摂る、野菜も増やせるところには増やして十分食べる。普通のことですよね。でも、きちんと意識するだけで、これまでより少し食べることが豊かに変わっていくと考えています。

それは、ほかのことにも言えるような気がするのです。特別なことをしなくても、少し意識を変える。それだけで、変化が生まれる。その小さな変化が、本当の意味で自分らしさになっていくのではないかと思います。

だから、カキノタネの「書くこと」は、自己実現のためのものや不安を解消するものではありません。カキノタネのノートレッスンは、いまの自分を知ること、自分に意識を向けること。それが、暮らしの中に根付いたときに、うまく不安を解消できるようになったり、より豊かな気持ちで過ごせるような工夫ができるようになったり、自分のご機嫌を取れるようになったりする。そんなイメージで、まずは毎日書くことから楽しんでもらいたいなと思っています。

「ヨガのちかくこと」がどんなレッスンになったかは、また後日、こちらでお便りしたいと思います。では、今日も明日も、ご機嫌に。

cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000