オンライン書店「EmoBooks」さんにて

こんばんは、カキノタネのじんざわです。

きょうは、ライターとしてたずさわっているお仕事のお話を。


名古屋の編集プロダクションedimartさんが営むオンライン書店「EmoBooks」をご存じですか?

ーーーーー

本と人を想いがつなぐオンライン書店

本にはそれぞれ、作り手の大切な想いがあり、

その本をおすすめする選者にも想いがあります。

「Emo Books」は本づくりに携わる編集者が、

作り手の想いと共に本を紹介する書店。

厳選した本にエモーションをのせて届けます。

ーーーーー

このような素敵なコンセプトで運営されています。

ライターとして長くお付き合いをさせていただいているご縁で、わたくしも選書のメンバーに入れていただき、本のセレクトとレビューの執筆をしております。今回セレクトした書籍は、『私が最近弱っているのは「なんとなく」食べているからかもしれない』(小倉朋子著)と『お茶のすすめ』(川口澄子著)の2冊です。他の方が選んだ本も良書ばかりで、わたしは、いわさきちひろさんの「ラブレター」(click!)を購入しました。

本好きの方はもちろん、新しいことに触れてみたいなという思いにも応えてくれるラインナップです。今後はレビュー記事がさらに充実していくようなので、一冊一冊の魅力にじっくりと触れていただくことができると思います。本を読みたくなったときには、ぜひ「EmoBooks」をごひいきに。

cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000