気分で選ぶ日記の内容

今朝、最初に目にした窓の外の景色は、曇り空でした。それは、空気さえ動いていないんじゃないかと思うくらい重く感じる景色でした。一日、重たい気分を引きずってしまいそうだなと思って出かけたら、思いもよらず雪が降ってきたんです。その驚きと、軽やかに舞う光景に、心がふっと軽くなりました。そして、戻ってきた温かい部屋でinsragramにメモ。これで、気分も挽回。曇り空からときどき晴れ間がのぞく時間もあって、おだやかな時間を心地よく過ごすことができました。


前置きが長くなりましたが、気分で選ぶ日記の内容です。きょうは、とくべつな理由はないのに、天気がよくないというきっかけで、なかなか気持ちが上がりませんでした。そんな時、わたしが実践しているのは、まず<できたこと><したこと>に目を向けること。それも、きょう特別にしたことではなく<いつもしていること>です。わたしは、夕食の支度を朝のうちにしておくことが多いのですが、きょうもそれができました。きょうは気分が上がらないけれど、それでも毎日していることをきちんとできた。それだけで十分だと、自分に◎を付けるようにしています。


一日のはじまりの重い気持ちを引きずらないために、きょうはinstagramにアップ。言葉にして書き置くことで、そのときの気持ちに一旦線引きしようと思いました。これが、なかなか成功しましたよ。朝の掃除、片付けを済ませてから、1歳の子どもと自宅周辺をお散歩。ひさしぶりにシャボン玉も楽しみました。


まだ午後が始まったばかり。きょうもよき一日を!


<Let's Try!気分で選ぶ、日記の内容>

気忙しいとき →  todoリスト

落ち込みやすいとき →  doneリスト
モヤモヤしているとき  → モヤモヤを言葉化、クリーニング、心に響く言葉メモ

cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000