友人からの言葉

ワークショップを再開するにあたり、

学生時代からの友人がメッセージを送ってくれました。

そこに、わたし自身も忘れていた日のことが書いてあり、、、


ワークショップに興味を持ってくださっても

どんな人がやっているんだろう、いまいちよく分からないと不安な方に

何か少しでも伝わることがあれば幸いです。


********************

内容についてはもちろんまったくの想像だけどさ、私ね、むかし上石神井のリエの部屋で、わーっていろんな言葉を書いた紙が何枚もあってさ、リエが気持ちがいっぱいになったときに書いてるー、って言うてたの衝撃だった。なんていうか、その、ちゃんと自分の気持ちに向き合って吐き出せる勇気がすごいって。

と、まぁ、こんな話はしたことあったかなかったか、もうよくわからないけど、タイトルだけでもリエにふさわしいテーマとおもう!!うまくいきますよーに!!『腹心の友』として心から願います!!

********************


ずっと書くことをお守りにして人生を歩んできたんだということ。

それを改めて実感した、親友からのメッセージでした。

cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000