マインドマップとの違い

書くことで頭や心を整理する方法は、すでにいくつか知られています。

本もたくさん出版されています。

マインドマップもそのひとつ。

こどもから大人まで誰もが気軽に実践できる方法ですよね。

自由に伸びていく線や言葉は、

自分の内側の広がりを表しているようで、ワクワクとした気持ちになるし、

頭の中もスッキリ!

カキノタネのノートレッスンは、マインドマップと何が違うの??


大きく違うのは、

「毎日続ける」というお約束。

わたしがお伝えしたいノートレッスンには、

「書くことを習慣化する」という目標があります。

困った時だけ書くことに頼るのではなくて、

前向きな日も落ち込んだ日も、毎日決まって書き続けます。

このルールは、自分の実体験を通して実感し、お伝えしたいこと。

毎日書くことで、ほかの書き方では見えないものが見えてきました。

きょうの空の色は何色だろう。いつも歩く道に小さな花が咲くのを見つけた。

それに似たところがあるような気がします。

ワークショップで、もっと深くお話したいと思っています。

cacoute.

「書くこと」と「香り」をテーマに、執筆、各種ワークショップを行っています。きょうもどうそ、はなまるご機嫌な一日を。

0コメント

  • 1000 / 1000